Wi-FiによるICT授業は魅力いっぱい

昔は学校の授業といえば、黒板に先生が大切なことを書いてそれをノートにとって・・・というものでした。
でも今は学校によってICT技術を利用した授業が行われています。
ICTというのは何かというと、IT技術の総称です。
特に公共事業、学校で活用するIT技術などについて用いられることが多いです。

平成21年から各学校にITを活用した教育を行うため、ICT環境整備事業が行われています。
これは、全国の小中学校にデジタルテレビや校内LANの設置、パソコン等を普及させるという活動です。
これにより、全国の小中学校で幅広いICTが行われるようになったのです。

学校の授業において活用されるICTの中でも特徴的なものとなるのが電子黒板、実物投影機などです。
パソコンについては早くから導入している学校が多く、これにプラスする形で電子黒板などを設置し、グラフや資料などを子供たちにわかりやすく、なおかつ授業を効果的に行うことができるようになったのです。

子供たちはこうした新しい機器に敏感です。
ファミリーコンピューターやモバイルのゲームなどがでたとき、いち早く操作を熟知し使いこなせるようになったのは子供たちでした。
ICTによる教育に子供たちは強い興味を持ち、集中力が高く勉強をできるようになったといわれています。

まだ全国的に普及したという状態ではないにしろ、この先、ICT授業等はどんどん広がりを見せていくと考えられています。
当サイトはWi-Fiを利用した効率的、なおかつストレスのない学校での活用とはどのようなものなのか、お知らせします。
子供たちが今学校でどのような授業をうけているのか、理解していただけたら幸いです。



<Wi-Fi特集>
モバイルwi-fiの速度や特徴の比較、セキュリティ強化対策などを紹介しているサイトです =≫ モバイルwi-fi 比較